多重債務 自殺

多重債務による自殺

借金に追い詰められても希望を持って生きる

多重債務による自殺は現在でもあり、ニュースでも目にすることがあります。

 

ひと昔前消費者金融に関する問題が社会的に話題になったとき、借金苦による自殺者のことも大きく取り上げられました。

 

 

 

これは強引な取り立てによる精神的苦痛が原因となっており、その後国は取り立てを取り締まるだけでなく貸金業とその周辺の法制度そのものを改定したのです。

 

その結果総量規制やグレーゾーン金利の廃止など新たな法律もでき、より整備された形で貸金業は運営されるようになったのです。

 

 

 

また同時にヤミ金と呼ばれる無登録の悪質業者も問題になりました。

 

ヤミ金は違法な業者として法外な金利を設定し、法律を無視した取り立てを行っていたことから大きな問題となったのですがこちらも近年大幅に減ってきています。

 

 

 

このように貸金業界が整備されてきているにも関わらず自殺者が出てくる背景には、借金をしやすくなったことによる借り手の知識不足も関係しているように思います。

 

安易な気持ちでお金を借り、万が一のことを想定していなかったばかりに解決策の知識を持たず追い詰められてしまった例もめずらしくありません。

 

借金をするということは必ずリスクがあり、それを解決する方法を知っておかなければなりません。

 

 

 

自殺は周囲に与える影響も大きく、自分だけの問題ではありませんから絶対にしてはいけないことです。

 

もし借金が返せなくなったらまずは法律専門家に相談し、解決する方法を探るべきなのです。