多重債務 原因 対策

多重債務の原因とは

督促の電話が鳴る

多重債務に陥る人にはどういった原因があるのでしょうか?

 

これはすべての人に共通する特徴があり、それはお金に対する認識の甘さです。

 

 

 

借金をする際にはじめから返せないと思って借りる人はほとんどいないと思いますし、ある程度の返済計画は立てているでしょう。

 

しかしきちんと返済できる人とそうでない人はこの返済計画の部分に差があるのです。

 

 

 

たとえば年収が300万円の場合、貸金業者では最大で100万円の融資を受けることが可能です。

 

これは総量規制という法律によって年収の3分の1までの融資が可能だからなのですが、収入に対して支出が多ければ返せなくなるでしょう。

 

お金を借りる際に自分の収入を確認する人は多いのですが、支出に目を向けられている人は意外と少ないです。

 

 

 

これが多重債務の大きな原因であり、実際に返済をはじめてみると苦しさに気付きだんだんと返済ができなくなっていくのです。

 

また順調に返済できていても怪我や病気、失業などによって急に収入がなくなることも十分に考えられます。

 

 

 

こういったことを防ぐためには無暗に借金をしないのはもちろん、何に使うかをあらかじめ明確にしておくことが大切です。

 

キャッシングやカードローンは使い道が自由な分、ついつい余計な出費に繋がりがちになりますがそのお金は借りているお金だということを忘れないでください。

 

 

 

これからお金を借りる人は返済期間ができるだけ短く済むような工夫が必要ですし、きちんと返済できている人の方法を参考にするなどしっかり計画的に返していく準備をしましょう。