多重債務 とは

多重債務とは

返済が滞納しているキャッシング、クレジットカード

日本では借金に関する話題が出るときに必ず多重債務という言葉が出てきます。

 

 

これは借金をしたことがない人にとってはいまいちピンとこないと思いますし、自分には縁のないものだろうという感覚ではないでしょうか?

 

しかし多重債務は誰にでも可能性があり、そもそもの原因はお金に対する油断が一番大きいのです。

 

 

 

 

まず多重債務とはどういう状態かというと、借金が膨らみすぎて返済が苦しくなっていることを指しています。

 

借金は消費者金融から借りるだけでなく、銀行のカードローンやキャッシング、クレジットカードはもちろん住宅ローンや自動車ローンも含まれます。

 

 

住宅ローンや自動車ローンは借金をしていない人でも利用する可能性が高いですし、家庭を持つと同時に検討する人も多いと思います。

 

しかしこの返済は何十年にも及ぶものですから、確実に返済していけるだけの額を設定しておかなければなりません。

 

 

 

たとえば返済期間中に失業したりするとこれまでスムーズにできていた返済もできなくなり、お金を工面するのに苦労するようになります。

 

この状態から抜け出すのはなかなか難しいですし、一度返済が滞った人の多くはその後法的な手続きで解決するケースがほとんどです。

 

 

 

このようにお金を扱う時にはいかなる場合も慎重になる必要がありますし、無理な借金は絶対にしてはいけません。

 

お金を借りる際には自分の収入と支出を見ながら、適切な額を借りるようにしましょう。